記事の詳細

東理ホールディングスは、2004年の11月に設立された会社で、資本金は40億円となっています。東京理化工業所の株式移転による完全親会社として持ち株会社を設立し、東証二部上場しております。このときに、社名を東理ホールディングスとしています。
グループ会社で行われている事業は、ダイカスト事業、食品流通事業、酒類製造事業、教育関連事業、その他の事業となっています。
まず、東理ホールディングスのダイカスト事業についてですが、こちらは株式会社東京理化工業所で行われています。アルミダイカスト製品の製造・販売を行っています。ダイカストの先進メーカーとしては、自動車や二輪車、それに船外機の機能部品に、産業機器、光学機器、通信機器はもちろん、建材や事務機器、ガスメーターと、アルミダイカスト製品でも幅広い製品を製造販売しています。
東理ホールディングスの食品流通企業についてですが、こちらは株式会社ボン・サンテと株式会社グローバルフード&リカーサプライで行われています。主に酒類や食品の小売り・業務用卸売販売を行っています。
東理ホールディングスの酒類製造事業については、若松酒造株式会社、株式会社越後伝衛門で行われています。若松酒造株式会社では、本格焼酎に清酒の製造・販売を行っています。主力ブランドとして本格イモ焼酎の閻魔に米焼酎の懐古浪漫を作成しています。株式会社越後伝衛門では日本酒の製造・販売を行っており、個性のある香味を持つ大吟醸伝衛門が代表的な作品となっています。
東理ホールディングスの教育関連事業は、株式会社創研、株式会社創育、株式会社日本スウェーデン福祉研究所、株式会社ウィッツで行われています。株式会社創研では、小・中・高向けの学習教材、幼児向けの英語教材の製作・販売が行われています。それ以外には、学習コンテンツ、パズルなどの製作販売及び、eラーニング事業が行われています。株式会社創育では、学習塾や学校、書店に向けた図書・教材に学力テストの製作・販売に加え、会場テストや講習会の開催が行われています。株式会社日本スウェーデン福祉研究所では、タクティールケア教育の普及や認知症緩和ケアの普及が行われています。株式会社ウィッツでは、ウィッツ青山高等学校の運営が行われています。
それ以外にも、東理ホールディングスでは金融、保険、リフォーム事業に加え、遊戯機器の開発・販売・レンタルが行われています。様々な事業が東理ホールディングスでは行われているのです。

生活に関連の深い事業を行う会社

人々にとって馴染みのある製品にも使われているアルミダイカストの事業を中心として展開している株式会社東理ホールディングス。この会社は東京都の中央区にあります。驚いたことにアルミダイカストの事業以外にも、酒類の開発・販売事業や、教育関連のコンテンツ作成・販売の事業も行っていることでも知られています。そんな株式会社東理ホールディングスについて紹介します。
株式会社東理ホールディングスで中心として行われている事業は、アルミダイカスト事業です。これは古くから行なわれているものですが、ダイカスト自体が大量生産に向いているものであり、株式会社東理ホールディングスで製造されているダイカストの品質が高いことから多くの方面から高い評価を得ています。ちなみに、ダイカストは自動車や二輪車などに使われているもので、企業だけではなく、消費者にとってもなじみの深いものなのです。
このアルミダイカスト事業はさておき、今回は株式会社東理ホールディングスの子会社である、株式会社ボン・サンテについて紹介します。株式会社ボン・サンテは昭和44年に創業された老舗の企業です。営業体系は地域密着型となっており、地域の人々にも根付いています。
どうして株式会社ボン・サンテが地域に密着しているかと言いますと、それは接客の素晴らしさにあると言えます。株式会社ボン・サンテでは、店員さんとしてお客様に接するのではなく、1人の人間として接することを心がけているのです。店員として答えることができない要望でも、1人の人間としてならば答えることができるという考えもあるようですし、何よりもお客様があるからこそ自分たちの会社があるという意識が会社にあるからこそ成り立っているものと言えるのです。
当然この接客に関してはとても高いレベルで展開されるものであり、商品を求めてやってきたお客様のほとんどがその接客態度に満足して帰っていくと言うのです。そもそも接遇マナーはとても大切なものですが、マニュアル化されているところも多く、できないことはできないというところが大変多いですが、株式会社ボン・サンテではそうした部分に対してもお客さま目線でしっかりと対応してくれるところが大きな特徴であると言えます。
ちなみに、株式会社ボン・サンテで扱っている酒類の数は驚きの2000種類以上となっており、他の酒類を扱っているお店では決して実現できないような数となっているところも大きな特徴と言えます。これだけの種類の酒を扱っていながらも、更にお客様が買い物をする際には、その日の料理に合うお酒はどのようなものがあるのかというアドバイスも行ってくれるのです。これをするには、お店の中でどのようなお酒が扱われているのか、またその特徴はどのようなものか、どこにそのお酒があるのかまでをきちんと把握していなければできない芸当となっています。そうした点に関しても当然きちんとした教育がされており、少しでもお客様に対して満足してもらおうという心意気を垣間見ることができるのです。
また、株式会社東理ホールディングスは酒類製造事業も行っており、若松酒造株式会社や株式会社越後伝衛門などが事業を担当しています。本格的な焼酎や日本酒の販売・製造を行っています。もちろんこうしたお酒についても個性のあるお酒と言うことでお客様からの評判は高く、現在も製造されているものとなっています。
そして、株式会社東理ホールディングスは教育事業も意外なことに行っています。行っているのは株式会社創研、株式会社創育などです。学校向けの学習教材や幼児向けの英語教材の制作と販売や学習コンテンツやパズルの作成にネット通信教育の事業は株式会社創研で行われています。株式会社創育においては、教材や図書の作成以外には学力テストの制作販売、更には講習会の開催や会場テストも行われています。
それ以外にも、高等学校の運営に加えて認知症緩和ケアの普及なども行われています。更には、金融事業や保険事業、遊戯機器のレンタルや開発・販売なども行われており、式会社東理ホールディングスでは、いかに多くの事業が展開されているかが分かるのではないでしょうか。
あくまでも東理ホールディングスの中心となる事業はダイカスト事業で間違いありませんが、これら一連の事業も行われているのです。一般的に事業の手を大きく広げすぎた会社はその後あまりうまくいかなくなるところもあるのですが、同社はそのようなこともなく、しっかりとした営業がなされているのです。あらゆる生活面に対して密着した事業が展開されていますし、そうしたことからこれからも株式会社東理ホールディングスは、ますますたくさんの人々に支持されることは間違いないかと思われますし、それによって更に大きな成長を遂げていくことになるかと思われます。株式会社東理ホールディングスが今後ますます発展することに期待したいところです。

株式会社東理ホールディングス
http://www.tori-holdings.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る